富士市で不妊~産後骨盤矯正|CARE ROOMS - 子宮に感謝☆内膜を整えたい

子宮に感謝☆内膜を整えたい

不妊の原因の1つとして挙げられるのが内膜の厚さです。

着床しやすい厚さは6mmでは薄すぎ、最低8mmは必要です。理想的なのは10mmを超える厚さですが、厚ければ良いというものでもありません。厚すぎる場合は「子宮内膜増殖症」が疑われ、ホルモンバランスの乱れ(エストロゲンの影響が過剰)ということになります。

弊院では、全身のマッサージと骨盤矯正で血流を良くしてから鍼を施し、子宮の内膜を整えます。

経穴(ツボ)は、「腎兪」「中膂兪」「中極」「子宮」「関元」「大巨」の中から選んで刺鍼します。

皆さん、子宮に「ありかとう」って声を掛けていますか?
生理痛がある時は子宮も痛いです。毎月毎月皆さんのお身体を整える為に頑張ってくれています。
是非お腹に手を当てながら、感謝の言葉をかけてあげてください。
きっと喜びます。

皆様がより健康的にご妊娠・ご出産して笑顔になっていただけるよう、副作用のない治療でサポートさせていただきます。